Brauerei Sternburg, Lützschena, Germany

Visited: May 2015 
Brauerei Sternburg, a former brewery operated from 1822 to 1991.

Sternburgというドイツビールの醸造所廃墟(1822年-1991年)


 














Säuglings-Kinderkrankenhaus Weißensee, Berlin, Germany - May 2015

Säuglings-Kinderkrankenhaus Weißensee (Infant and Children's Hospital Weißensee) is an abandoned children's hospital in Berlin, Germany.
It opened in 1911, and initially treated up to 40 children.
I found the website in German, which says the hospital was once one of the most advanced medical facility in the country.
But sadly it was closed in 1997 for financial reasons and population decline.

This site had unique graffiti I had never seen in any other places.
Most rooms were with typical graffiti but there were rooms full of bananas, clouds, carrots, hearts etc...
Scroll down and you will see what I mean!
It was some dedicated work so I searched their signature "ONIGINAL" but couldn't find any information...

Säuglings-Kinderkrankenhaus Weißenseeはドイツベルリン郊外にある小児科医院の廃墟です。
1911年に開院し、当時は最大40名を治療できる規模だったそうです。
ドイツ語のサイトによると、一時期は国内最先端の医療施設の一つだったようですが、コスト面および人口減少が理由で1997年に閉院されました。

この廃墟には他では見たことがないような"特殊"なグラフィティがあります。
ほとんどの部屋がよくある文字の落書きだらけなのですが、それ以外に部屋いっぱいにバナナ、雲、にんじん、ハートなどなどで埋め尽くされた部屋があるんです。
完成させるのにものすごい時間と労力がかかりそうです。サインの"ONIGINAL"?でググってみましたが情報は見つけられませんでした...。



























 



 




The real carrot!