Säuglings-Kinderkrankenhaus Weißensee, Berlin, Germany - May 2015

Säuglings-Kinderkrankenhaus Weißensee (Infant and Children's Hospital Weißensee) is an abandoned children's hospital in Berlin, Germany.
It opened in 1911, and initially treated up to 40 children.
I found the website in German, which says the hospital was once one of the most advanced medical facility in the country.
But sadly it was closed in 1997 for financial reasons and population decline.

This site had unique graffiti I had never seen in any other places.
Most rooms were with typical graffiti but there were rooms full of bananas, clouds, carrots, hearts etc...
Scroll down and you will see what I mean!
It was some dedicated work so I searched their signature "ONIGINAL" but couldn't find any information...

Säuglings-Kinderkrankenhaus Weißenseeはドイツベルリン郊外にある小児科医院の廃墟です。
1911年に開院し、当時は最大40名を治療できる規模だったそうです。
ドイツ語のサイトによると、一時期は国内最先端の医療施設の一つだったようですが、コスト面および人口減少が理由で1997年に閉院されました。

この廃墟には他では見たことがないような"特殊"なグラフィティがあります。
ほとんどの部屋がよくある文字の落書きだらけなのですが、それ以外に部屋いっぱいにバナナ、雲、にんじん、ハートなどなどで埋め尽くされた部屋があるんです。
完成させるのにものすごい時間と労力がかかりそうです。サインの"ONIGINAL"?でググってみましたが情報は見つけられませんでした...。



























 



 




The real carrot!

Elisabeth Sanatorium (Sanatorium E), Stahnsdorf, Germany, May 2015

Elisabeth Sanatorium (Sanatorium E), an abandoned sanatorium/clinic located in Stahnsdorf, Germany.
It was built in 1912 by a Jewish couple, and served as a lung clinic. Like many other hospital back then, it treated tuberculosis.
Since the family was Jewish, they had to flee after Nazi came to power. The hospital continued operating under different people.
After that it changed to a sanatorium for skin and lymph node tuberculosis, then dermatology clinic, which was closed in 1994.

Elisabeth Sanatorium (Sanatorium E)はドイツ・ポツダムにある廃診療所/療養所です。
ユダヤ人夫婦によって1912年に設立され、開院当初は呼吸器診療所として運営されていました。
当時どの病院もそうであったように、猛威を振るっていた結核を主に治療していたようです。
ナチスが権力を得た後ユダヤ人であった夫婦は亡命を余儀なくされましたが、その後は他の運営者によって病院の運営が続けられました。
以降、リンパ節と皮膚結核の療養所から皮膚科病院へと変わり、1994年に閉鎖されたようです。



It looked like some kind of medicine, but all I could find by the name was a herbicide...
何かの薬のように見えたのですが、名前で調べるとどうやら除草剤のようです。









Krampnitz Kaserne, Potsdam, Germany, May 2015

Krampnitz Kaserne was a military complex in Potsdam, Germany.
It was used by the Germans since 1937 til the end of WWⅡ, then by Soviet Army until its abandonment in 1992.
That explained why all I could find in this place was written in Russian, and I did not see a single sign of Nazis, all destroyed by Russians most likely.
(I found a report with a picture, an eagle with swastika, but I couldn't find any during my visit)
The complex was absolutely huge. It used to have an officers' club, a Tennis court, theater (found a reel) and more in its time.
Some movies were shot there such as "Inglorious Basterds" and "The Monuments Men."

Krampnitz Kaserneはドイツ・ポツダムにある軍事施設の廃墟です。
1937年から第二次世界大戦終結まではドイツ軍に、その後ソ連軍によって1992年まで使用されました。
そのため施設内に残っている新聞や看板等はすべてロシア語で、私は”ナチっぽいもの”をひとつも見かけませんでした。
(他のレポートではスワスティカの描かれた鷲の壁画がありました)
この施設は非常に広大で、当時は敷地内に将校クラブ、テニスコート、映画館(リールが落ちてました)等があったそうです。
また、映画の撮影にも使用されており、「イングロリアス・バスターズ」「ミケランジェロ・プロジェクト」等の撮影に使われたらしいです。

Even though this place seems beyond awesome, I have little recollection of the visit unfortunately (my poor poor brain!)
I absolutely love urbex trips in Germany, maybe most favorite in the world, and I found that graffitis there were much more "sophisticated" than in any other countries.
This place had a few graffitis of the type.

この廃墟は規模も美しさも群を抜いて素晴らしいのですが、訪問の記憶がほとんどありません...。
ドイツの廃墟はお気に入りが多く、世界で一番かもしれない位ですが、ドイツの廃墟には立ち止ってじっくり見たくなるようなグラフィティが多い気がします。(日本もそうですが、大体が下ネタとかの落書き)
この廃墟にもそういったグラフィティがいくつかありました。