Krampnitz Kaserne, Potsdam, Germany, May 2015

Krampnitz Kaserne was a military complex in Potsdam, Germany.
It was used by the Germans since 1937 til the end of WWⅡ, then by Soviet Army until its abandonment in 1992.
That explained why all I could find in this place was written in Russian, and I did not see a single sign of Nazis, all destroyed by Russians most likely.
(I found a report with a picture, an eagle with swastika, but I couldn't find any during my visit)
The complex was absolutely huge. It used to have an officers' club, a Tennis court, theater (found a reel) and more in its time.
Some movies were shot there such as "Inglorious Basterds" and "The Monuments Men."

Krampnitz Kaserneはドイツ・ポツダムにある軍事施設の廃墟です。
1937年から第二次世界大戦終結まではドイツ軍に、その後ソ連軍によって1992年まで使用されました。
そのため施設内に残っている新聞や看板等はすべてロシア語で、私は”ナチっぽいもの”をひとつも見かけませんでした。
(他のレポートではスワスティカの描かれた鷲の壁画がありました)
この施設は非常に広大で、当時は敷地内に将校クラブ、テニスコート、映画館(リールが落ちてました)等があったそうです。
また、映画の撮影にも使用されており、「イングロリアス・バスターズ」「ミケランジェロ・プロジェクト」等の撮影に使われたらしいです。

Even though this place seems beyond awesome, I have little recollection of the visit unfortunately (my poor poor brain!)
I absolutely love urbex trips in Germany, maybe most favorite in the world, and I found that graffitis there were much more "sophisticated" than in any other countries.
This place had a few graffitis of the type.

この廃墟は規模も美しさも群を抜いて素晴らしいのですが、訪問の記憶がほとんどありません...。
ドイツの廃墟はお気に入りが多く、世界で一番かもしれない位ですが、ドイツの廃墟には立ち止ってじっくり見たくなるようなグラフィティが多い気がします。(日本もそうですが、大体が下ネタとかの落書き)
この廃墟にもそういったグラフィティがいくつかありました。